スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kinabalu Park & Poring Hot Spring

コタ・キナバル観光2日目、キナバル公園とポーリン温泉を訪れる一日ツアーに参加しました。

キナバル公園に行きたかった理由は単純に世界遺産だから。正直ポーリン温泉には興味がなかったので、ゆっくりキナバル公園を散策するツアーを探していたのですが、問い合わせした旅行会社ではチャーターでのアレンジになってしまうとのこと。それだと予算オーバーな為、ポーリン温泉にも行くことにしました。

今回植物の説明もあるだろうと日本語ガイドのツアーに参加したのですが、予想外の大型バス!ゴールデンウィークですものね~。この時期の日本語ツアー参加は大型バスを覚悟しろ、という教訓を得ました。

kinabalu park 1
こちらのバスがほぼ満席

余談ですが、ボルネオ島は先住民族の比率が高く、先住民族にはキリスト教徒が多いらしく、教会の看板を多く見かけました。写真はバスの車窓から。

kinabalu park 2

kinabalu park 3

バスの車窓からはキナバル山も見えました。

kinabalu park 4

でも、ナバル村(ボルネオ先住民族カタザンドゥスン族の村)に到着し、展望ポイントに降り立ってみると・・・

kinabalu park 5
すっかり雲隠れ

kinabalu park 6
そこにいたワンコ

kinabalu park 7
村といってもお土産屋さんがメインです

その後キナバル公園本部へ移動。山岳植物園(Mountain Garden)に行き、様々な植物を観察しました。

kinabalu park 8
言われなければ気付かないほど小さなラン

kinabalu park 10
葉っぱに苔が生えています

kinabalu park 12
大きなウツボカズラ

kinabalu park 13
小さなラン

kinabalu park 15
こちらもとっても小さなSexy Lady Orchid
なぜセクシーなのか理解するのに時間がかかりました

kinabalu park 9

kinabalu park 11

kinabalu park 14
その他色々

kinabalu park 16
「仙園(Fairy Garden Resort)」でマレー風中華のランチ
写真はありませんが味はまぁまぁでした

kinabalu park 17
その周辺に咲いていた花

kinabalu park 18
ランチ後ポーリン温泉&キャノピー・ウォークへ

kinabalu park 19
地上41mの十冠に157mにわたってかけられた吊り橋
「信用ならぬ!」と急ぎ足で渡りました
景色を眺める余裕ナシ

kinabalu park 20
渡りきった後に遭遇したネッタイタマヤスデ
(大きさが伝わらないのが残念!)

kinabalu park 21
イグアナ?

kinabalu park 22
暑くて足湯をする気にもなれなかったポーリン温泉

kinabalu park 23
そこに咲いていたドリアンの花

kinabalu park 24
そこにいたアリ

kinabalu park 25
そこにいた猫

kinabalu park 26
帰路、雲が晴れたキナバル山

kinabalu park 27
その後途中すごい霧でした

予想通り、ポーリン温泉とキャノピー・ウォークは要らなかったな、という感じでした。吊り橋が好きな人には良いと思いますが、私たちは苦手だったので、当たり前ですが楽しめませんでした。ツアー参加人数が多いので色んなホテルを回るからそれだけでも時間がかかったし、やっぱり違った形で行けば良かったな~。大いに反省。でもキナバル山が見れて嬉しかったです。

次回はマンタナニ島報告です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。