スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Klias River Cruise

ボルネオ島に行きたかった理由の一つは野生のテングザル!というわけで、テングザル・リバー・サファリに行ってきました。

ボルネオ固有種であるテングザルは、川沿いに生えているマングローブの葉を食べるため、夕方になると姿を現します。その為ツアーは午後発になります。ガイドさん曰く、「数が少ないことはあっても、見れなかった日はない」ということで期待は高まります。コタキナバルから南西に向かってバスに揺られて約2時間、クリアス川に到着。

river 1
Jettyに到着後アフタヌーンティーをいただきます

river 2
お菓子にはあまりそそられなかったため二人ともお茶だけ

river 3
ライフジャケットを着用していざ出陣!
(暑くて途中で脱ぎましたが)

river 4
ボートに乗って5分経過するかしないかでテングザルに遭遇!

river 5
雄アップ

river 6
こちらはお母さんと子供

river 7
子供の鼻はあまり特徴がないようです

river 8
途中チラッと虹が出現

river 9
日が暮れてくると

river 10
テングザルの数も増えてきました

river 11
でもボートに気づくと隠れちゃいます

river 12
もっとたくさんいないかな~

river 13
いました!

river 14
カワイイですね~

river 15
この木にはこんなにいっぱい!

river 16
オオトカゲもまったりな夕暮れ時

river 17
テングザルの皆さん、出てきてくれてアリガト~♪

このあとJettyに戻りバイキング形式の夕食を取りました。(味は悪くありませんが、多くを期待しない方が良いでしょう。)夕食後、真っ暗になってからは蛍クルーズです。天候により見られないこともあると予め言われていたのですが、木の中に満天の星空があるような、とってもキレイな光景を見ることができました。期待していなかっただけに感動が大きかったです。真っ暗な上ボートが揺れて写真が上手く撮れなかったので、イメージ画像を作成しました。

river 18
イメージ画像 Computer-processed Image

星もペナンよりキレイに見えました。テングザルも蛍も見れて満足、満足。オススメのツアーです。テングザルはいてもそれなりに遠いので、ツアーに参加する際は望遠レンズなり双眼鏡なりを持参することをお勧めします。

次回は2日目、キナバル公園報告です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。