スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Afternoon Tea at Shangri-La's Rasa Sayang Resort & Spa

2011.07.15 Food
先月末日本から一人で遊びに来てくれた友達には2泊我が家に泊まってもらい、1泊はバトゥフェリンギのLone Pine Hotelに一緒に泊まりに行きました。友達からは「E&Oでお茶したい」というリクエストをもらったのですが、ラササヤンのアフタヌーンティー未体験の私、「バトゥフェリンギに行くついでにラササヤンでアフタヌーンティーでも良い?」と友達を誘惑(誘導?)。今は帰国してしまったぺにゃんちゃんの報告によると微妙とのことだったのですが、友達を道連れにトライして来ました。

ラサウィングの宿泊客はラサウィングで無料のアフタヌーンティーが楽しめるようですが、ビジターの会場はガーデンウィングのSpice Market Caféで、料金は一人RM30++(約1000円)です。

high tea 1

レストラン内は冷房がキツかったので外の席にしてもらいました。ぺにゃんちゃんの報告にもあった通り、まずコーヒーか紅茶か選びます。二人とも紅茶を選び、ダメもとで「紅茶の種類は選べないの?」と聞いてみました。「アフタヌーンティーはイングリッシュブレックファーストっていうことになっているのよ」と言われたのですが、ちょっと食い下がって「アールグレイが飲みたいんだけどな・・・ダメですか?」と聞いてみたところ、予想外にも「OK!」の返事が。二人ともアールグレイにしてもらいました。紅茶は私はペナンに来てから知ったドイツのロンネフェルト社の紅茶です。E&OでもSuffolk Houseでもロンネフェルトの紅茶でした。

high tea 2
ケーキスタンドは一人ずつ、紅茶は1つのポットで出てきました
やはりこのポットにティーバッグ2つは少なすぎ・・・薄かったです

high tea 3
ジャムも一人ずつ出てきます(お持ち帰り)

high tea 4
1段目:サンドウィッチ

high tea 5
2段目:スイーツ

high tea 6
3段目:スコーン

紅茶講座に通ったことのある友達の記憶によると、ケーキスタンドの下の段から食べるのがマナーとのことでしたが、あまりお腹も空いていなかった私たちは食べられそうなものから適当にいただきました。でもその後ぺにゃんちゃんのブログを改めて見てみたら、ぺにゃんちゃんの時は1段目:スコーン、2段目:サンドウィッチ、3段目:スイーツと、私たちの時と全然違うじゃないですか!気になって調べてみたら、「順番は必ず下からサンドイッチ→スコーン→スイーツが定番で、下から順番に食べるのが一応のマナー」とのこと。食べてる方も適当だから良いんですけど、高級ホテルなのにな~、こんなにメチャクチャなんてちょっとショックです。(今までそんなマナー知らなかったんですけどね。)

食べきれなかった分はLone Pine Hotelで待機中の夫用にお持ち帰り。(なんせお昼にラクサとドリアンを食べた直後ですから・・・。)クロテッドクリームは評判通り美味しかったし、他も値段なりに楽しめたので、紅茶が薄いのは非常に残念だったけどトライしてみて良かったのです。良い経験になりました☆

high tea 7
その後ホテル敷地内を通ってLone Pine Hotelに向かいました

high tea 8
ビーチボーイの飼い犬と思われるチャイ似犬
とっても可愛かったです♪

ちなみにLone Pine Hotelでは部屋で無料飲める紅茶も朝食会場の紅茶もロンネフェルトでした。先にホテルに入ってティーバッグ持参してアフタヌーンティーに臨めば良かった・・・次回はそうします!
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。