スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極楽寺ライトアップ~Illuminated Kek Lok Si Temple~

2009.01.25 Sightseeing
ライトアップが始まったということで、チャイニーズイブイブの昨日、極楽寺に連れて行ってもらいました。混雑を避けて早めに向かったので、まだ明るい7:00PM過ぎに到着、ライトの点灯を待ちます。7:30頃ライトが点灯!キレイ~♪このカラフルな電飾が悪趣味との見方もありますが、初めての私は結構感動。残念なことに昨日はまだ中に入れなかったのですが、今日からは中にも入れるそうです。中にはランタンがいっぱいあって、またキレイだそうですヨ。毎年この時期に1ヶ月間ライトアップが行われるそうなので、また機会があったら見に行ってみたいと思います☆

kek lok si 1
まだ空が明るいうちに点灯☆ 夕焼けがキレイ

kek lok si 2
向かいの山(?)でライトアップを待つ人たち(たぶん)

kek lok si 3
だんだん暗くなってきました

kek lok si 4
暗くなるとライトアップが映えますね

kek lok si 5
中のランタンも見たかったな~

ライトアップ観賞後、Jalan Pasar沿いの有名店、Laksa Pasar Air Itamでラクサをいただきました!RASA RASAにも載っていて前々から行ってみたかったのお店です。一杯RM2.5(約70円)、とても濃厚で美味しかったです。

kek lok si 6

kek lok si 7

kek lok si 8

この日は通常午前中で閉まるマーケットも夜通し営業。チャイニーズニューイヤー用のお菓子もいっぱい売ってました。一大イベントという感じが伝わってきますネ。
スポンサーサイト

カンボジアの風景(2)~Scenery in Cambodia~

2009.01.25 Cambodia
cambodia 2 1
カンボジアのチャイ似犬

cambodia 2 2
Ta Prohm 髪の長い女の子のレリーフ

cambodia 2 3
Ta Prohm 血管のようにからまる木

cambodia 2 4
Prasat Kravan 塔内部の浮彫

cambodia 2 5
Banteay Sreiのレリーフ

cambodia 2 6
Angkor Wat 回廊の天井にいたコウモリ(たぶん)

cambodia 2 7
Old Marketの風景

Siem Reapの中心にはオールドマーケット、セントラルマーケット、ナイトマーケットの3つのマーケットがあり、その3つは徒歩圏内です。それぞれ雰囲気が違うのですが、どこも値段があってないようなもの!「いくらなら出せるの!?」と問い詰められるのでなかなかゆっくり見れないのが残念でした。一番強引さがないのはナイトマーケットのような気がします。空港でお土産を買うと、同じものでも値段が2倍から4倍なので、お土産はマーケットで購入するといいかもしれませんネ。個人的には新しいNational Museumもオススメです!

カンボジアの風景(1)~Scenery in Cambodia~

2009.01.25 Cambodia
最近更新が滞っていました。

もうチャイニーズニューイヤーイブ、ペナンの話題に戻るためにも、カンボジア旅行記をお気に入り写真(?)で完結させたいと思います。百聞は一見に如かず、語ることはありません!?

私たちが行った時はアンコールワットを含めて工事中のところが多く、砂埃がひどかったのがちょっと残念だった点ですが、とても良いところでした。またアンコールワットの修復工事が終わった頃に行きたいな~と思います。皆さんも機会があったら訪れてみてくださいね♪

cambodia 1 1
南大門

cambodia 1 2
Bayonの風景 その1

cambodia 1 3
Bayonの風景 その2

cambodia 1 4
Bayon 全体

cambodia 1 5
Elephant Terrace

cambodia 1 6
Angkor Watのレリーフ

cambodia 1 7
Phnom Bakhengから見たAngkor Wat

カンボジアの風景(2)に続く!

カンボジアでの年越し~Happy New Year! in Siem Reap~

2009.01.18 Cambodia
2008年の大晦日はSiem Reapの中心街のパブストリートで夫の同僚たちと合流し、カウントダウンをしようということになりました。私たちは先に別の場所でご飯を食べ、彼らが夕食を食べているレストランで行き10時頃合流。そのころからパブストリートの一角は路上クラブと化し、大音量の音楽にノッて西洋人たちが踊りまくっていました。すごいにぎやかだ~、と思っていたら、停電しました。

お店の人も停電に慣れているのか(?)、ロウソクを各テーブルに設置、ロマンティックに演出(?)したりして。1時間くらい続いた停電もカウントダウン前には回復して無事にぎやかな年越しをすることができました!手持ち花火を下に向けちゃってた人がいたのがちょっと危なかったですが、外でカウントダウンして年越ししたのは久しぶりだったので、とても良い思い出になりました♪

happy new year 1
裏パブストリート

happy new year 2
クメール料理の夕食

happy new year 3
ここに人が大勢集まって来ます

happy new year 4
有名店ブルーパンプキンのケーキでお祝い

happy new year 5
通りはすごい人ですよ~

happy new year 6
明けましておめでとう~!の花火

ちなみに、ホテルに戻ってシャワーを浴びてたらまた停電に!
でもこちらはすぐ回復、ホッ。

アンコールワットの伝説~The Legend of Angkor Wat~

2009.01.17 Cambodia
今回の旅の一番の贅沢がこのアンコールワットでのショーでした。でも12月から1月の2ヶ月の期間限定(2008年12月5日~2009年1月31日)で行われるこのショーを、この時期に行くなら観たかったのです!

スタンダードシートでUS$60、フロントシートだとUS$80、ディナーをつけるとさらにUS$25。私たちはもちろんスタンダードシートのディナー無でしたが、Sonyさんのはからいでスタンダードシートの一番前のど真ん中だったため、とても観やすかったです♪Sonyさん、ありがとう~!

ショーの内容は、1860年にアンコールワットを調査したフランスの自然科学者、アンリ・ムーオがアンコールワット繁栄の時代を見てみたいと願ったところ、奇跡が起こり、望みどおり過去に引き戻されるというもの。そこでアンリさんがみた風景が光のショーとして展開されるわけです。

1時間のショーでUS$60は高いかな~と思っていたけど、(実際高いけど、)ライトアップされたアンコールワットも幻想的だったし、水のスクリーンもキレイだったし、ショー自体も展開が早いので飽きなかったし、結果的には観て良かったです。期待していなかったという夫も満足してましたヨ!

legend 1
お食事中の人を横目に会場に向かいます

legend 2
アンリさん、登場!

legend 3
過去に引き戻されるアンリさん (写真、わかりにくい!)

legend 4
乳海攪拌の再現?

legend 5
ショーの後ステージに上って写真を撮ることができます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。