スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペナンヒル登山~Climbing Penang Hill~

2008.08.31 Sightseeing
三連休二日目。私たちは再びボタニカルガーデンにいました。
でもその目的は昨日のウォーキングとは違います。そうです。ペナンヒルに登るのです!

昨夜「明日は何する~?」の問いかけに、「ペナンヒル登ってみる?」と言ってしまった夫。私が以前から「一度は登りたい!」と繰り返し言っていたので気を使ってくれたようですが、その言葉を後悔するのにそう時間はかからなかった・・・。

(ちなみにペナンヒルに登るケーブルカーは、ケーブルが著しく損傷し、補修工事が必要なため、運行を休止、現在改装工事中です。)

hill_1
出発前、このワンコの声は私たちに届かなかった・・・

ペナンヒルまでは駐車場のおじさんによると1時間半かかるとのこと。私たちは車も通れる舗装された道路を登って行ったのですが、登り始めて10秒、いや5秒で傾斜のキツさで体が重~い感じに。「この角度、ありえない、ありえない」と呟くも、傾斜は一向にゆるくならず。登り始めて10分足らず、夫の顔からは玉のような汗が噴き出し、そのビチョビチョの背中には『後悔』の二文字が浮かんでいたような、いなかったような。それでも後ろは振り返らず、私たちは無言で登り続けました。

hill_2
写真で傾斜のキツさが伝わらないのが悔しい!

hill_3
キィーキィー(おなかすいた~)と切なそうに鳴くお猿さん

バトゥ・フェリンギ方面からの登山道と交わる東屋でちょっと休憩した後、傾斜は急にゆるくなり、「やっぱりあの角度が続くって、ありえないよね。死んじゃう、死んじゃう。」なんて会話をする余裕もでき、涼しい風も受けて気持ちよくクライミング。しかし、それはほんの束の間。またありえない傾斜が私たちの目の前に!!!お願いだから~、距離はもっと長くていいから~、傾斜をどうかゆるくしてください~、というのは当然届かぬ願い。登るしかありません。登った先には素晴らしい景色が私たちを待っている!そんな希望を抱き、私たちは登り続けました。そして登り始めてジャスト1時間半、ペナンヒルに到着!やった~!!

hill_4
脱力・・・

hill_5
ペナンヒルわんこ

疲れて休憩もしたいけど、まずは景色を、と展望できる場所に向かうと・・・


hill_6
霧(?)でな~んにも見えません!

hill_7
楽しみにしてたアイスカチャン コーンいらないんですけどっ!

そんなのありですか~?!

でも自然に文句を言っても仕方がないので、景色は潔くあきらめ、コーンをよけてアイスカチャンを食べ、同じ道を下って帰った私たち。傾斜がキツいいため、下りもゆっくりしか進めません。ちなみに私は一度藻で滑って尻もちをつき、手の皮がちょっとむけましたが、夫婦で達成したペナンヒル登頂は、とても思い出深いものとなりました。夫は「もう二度とやらないだろう」と言っていますが、私は「今度やるとしたら山道コースにしよう」と思っています。あ~、でも本当にキツかった!

hill_8
このキツさ、どうしたら伝わるのか~!

hill_9
疲れ果てた私たちにお猿さんももはや餌をねだらず
スポンサーサイト

パメロ~Pamelo~

2008.08.30 Food
8月31日(日)はマレーシアの独立記念日(51周年)のため、夫の会社は9月1日(月)がお休みになります。よって三連休です。やった!

三連休一日目、今朝は張り切って7時に家を出て飲茶を食べに行きました。朝早いのでそんなにたくさんは食べられませんでしたが、二人で以下(写真)を食べて満腹でRM12.4(約410円)。味も美味しかったので、またお腹をすかせて行きたいと思います。

pamelo_1
Jalan Anson沿いです

pamelo_2
中には海老が入っています

pamelo_3
ジャスミンティ~

pamelo_4
お粥 混ぜちゃった後です ^^;

pamelo_5
海老が入ってムチムチです

pamelo_6
チャーシューまんです

その後ボタニカルガーデンでちょっとウォーキング。朝は涼しいので、ウォーキングや太極拳をする人でにぎわっていました。昼に行った時より混んでいました。お猿さんがたくさん見れて満足♪

pamelo_7
感電しないでね~

その後朝市でフルーツを購入。全部でRM17.4(約575円)。今日はパメロとハニーマンダリンという柑橘系に初挑戦してみました。パメロはブンタンの一種だそうです。果肉が淡黄色のものと淡紅色のものがあるそうで、私たちの購入したのは淡黄色のものでした。グレープフルーツのような味を予想していたのですが、それよりはるかに甘くて、でもサッパリしていて美味しかったです。食べごたえもあります。日本で食べたメロとかいうのに似てるな~と思ったら、メロ(ゴールド?)はグレープフルーツと文旦の交配種なんですって。また買ってみよ~っと。

pamelo_8
1kgでRM6.5(約215円)、小さいのを一つ購入

pamelo_9
ハニーマンダリンが普通のオレンジの大きさです

pamelo_10
サッパリとした甘さで美味~♪

ペナン・プラナカン・マンション~Pinang Peranakan Mansion~

2008.08.29 Sightseeing
持っていた地図では大ざっぱで場所がちょっとわかりにくく、チラシ配りのお兄さんたちに場所を聞いてやっと辿り着いたプラナカン・マンション。入場料はRM10(約330円)でした。帰宅後ホームページを見たらガイドツアーは5人以上事前予約のみと書いてあったのですが、私たちにはおじさまが一人ついてくれて、英語で色々と説明をしてくれました。

★プラナカン豆知識★
ババ(男性)・ニョニャ(女性)の別名でも知られるプラナカンは、この地域に特有の文化変容を受けた中国人のコミュニティであり、特に海峡植民地時代(イギリスによるペナン、シンガポール、マラッカ海峡の支配)において顕著であるため、ストレイツ・チャイニーズとも言われるそうです。地元マレーの、そして後には植民地時代のイギリスのスタイルを厳選して取り入れながら、プラナカンは独自の生活様式及び文化的風習を作り出していきました。
ババ・ニョニャというと、「中国本土から渡って来た中国人男性と地元マレー系女生徒が結婚して生まれた子孫」と定義されていること多いですが、異人種間婚姻は初期の世代のみで、現代のプラナカンたちは血統的には90%以上チャイニーズだそうです。
ガイドのおじさまに「ババ・ニョニャ知ってるかい?」と聞かれた時も、「中国人とマレー人の結婚?」と言ったら、「NO、NO、中国本土の中国人とマレーシアの中国系の結婚だよ」と言われたのは、そういうわけなんでしょうね。なんて間違ってたらゴメンナサイ ^^;


中はとにかく豪華!見ていて飽きません。写真もOKだし、RM10払う価値ありですよ~。
(サイトには“Videography and photography are not allowed within the mansion.”とありましたが、チケット売りのお兄さんがOKと言っていたので間違いないデス。)

peranakan_1
プラナカン・マンション外観

peranakan_2
中庭のある二階建てです

peranakan_3
吹き抜けています 雨も冷房の役割を果たすようです

peranakan_4
つい立の彫刻が美しい!

peranakan_5
クモ(?)さん、カワイイ~

peranakan_6
豪華なダイニング

peranakan_7
イギリス製の花瓶たち

peranakan_8
こんな感じに飾られていたのね~

peranakan_9
水は出てませんでしたが噴水まで!

peranakan_10
この奥にはお寺まで!自宅にお寺ですよ~!

このババ・ニョニャ博物館には、Chung Keng Kwee(鄭景貴)の自宅兼事務所だった建物が使われています。Chung Keng Kwee自身はババではなかったそうですが、中国式の彫刻を施した木製パネルにイギリス製のフロアタイルとスコットランド製の鉄製品を組み合わせている彼の中国式中庭付き住宅は、折衷的なスタイルの典型的なババの大邸宅と酷似しているとのことです。ちなみに錫鉱山で富を築いたという客家人のChung Keng Kwee、ギャングのリーダーでもあったそうです。

一つ気になったのは、おじさまに「この壁が緑色なのはもともと緑だったの?」と聞いたら、「YES~」と言っていたんだけど、昔のプラナカン・マンションの写真見たら壁が白い!?白の時代もあったの~?!また行った際には突っ込んで質問してみようと思います。(また行く気満々♪)

ご興味のある方はHPをご覧ください。

ジョージタウン市内散策~Strolling in George Town~

2008.08.28 Sightseeing
トロピカル・スパイス・ガーデンの後、ジョージタウンのチョンファッツィ・マンション(Cheong Fat Tze Mansion)、通称ブルーマンションに向かった私たち。

到着すると、ブルーマンション前で客待ちをしていたトライショー(人力三輪車)のおじさまに、「もう閉まっちゃったよ~、次は3:00PMだよ~」と言われ、一日二回のガイドツアーでしか入れないことを知る。(調べとけよ~!←自分への怒り)その時11:30AM、トライショーのおじさまは、「他にもこんなに見所あるよ~、プラナカンマンションとか~」とトライショーでの観光を勧めてくれますが、「車があるから~」などと言って丁重にお断り。「でもプラナカンマンション良さそうだよね~」と私が言うと、地図を見た夫は「遠いな~」の一言。とりあえずJAYAでランチし、徒歩で市内散策をすることに。

georgetown_1
Cheong Fat Tze Mansionの後ろ姿

georgetown_2
通過しただけですがカピタン・クリン・モスク Beautiful!

georgetown_3
ペナン島最古の中国寺院クアン・イン寺(観音寺)

旅行で来た時に歩いた道をたどり、チャイナタウンやリトルインディアを散策。夫のローカルの同僚に言わせると、リトルインディアはとても楽しいそうで、徐々にその魅力を発掘できたらな~と思いながら、私たちはただブラブラ。

georgetown_4
中休みで入れなかったマハ・マリアマン寺院 またかっ!

georgetown_5
リトルインディア入口

georgetown_6
看板も色鮮やか!

地図をみせた時は夫に、「遠いんじゃないの~」と渋い顔をされたプラナカンマンションもここまできたらあと少し!「ここまで来たら行けるね~」と誘導作戦(?)成功!そうして私たちはプラナカンマンションへ向かったのであった。

To be continued...

georgetown_7
シティワンコ

プラナカンマンション見学の様子は明日の日記で紹介します~。お楽しみに♪
(写真が多いもので ^^;)

ペナン観光~Tropical Spice Garden~

2008.08.27 Sightseeing
昨日の午前中、トロピカル・スパイス・ガーデンに行ってみました。場所はTeluk Bahang(テロッ・バハン)、先日End of the Worldに食事に行った時に通過したので、場所はすぐわかりました。値段は一人RM13(約430円)とちょっとお高め。入口のカウンターでお金を払うと、「手を出してごらん~」と言われ、虫よけをくれます。ちょっとオイリーですが、レモングラスの良い香り♪この日は、家族連れに課外学習で来たのか学生さんっぽい人たち、観光客などで割とにぎわっておりました。

spice_1
全体的にこんな感じ

spice_2
おもしろい植物もあったり

spice_3
イグアナくんもいたり

しかし、植物に関する知識がほとんどない私たちは、あまり特徴のない(ように見える)スパイスの木たちの間をただウォーキング。植物以外にむしろ注目。

spice_4
可愛いイラスト ハンモックに寝る方法

spice_5
2004年の津波で流れ着いた木

3つあるトレイルを制覇せずして(たぶん)、ギャラリー、ギフトショップ、そして一番の目的であるカフェへ行きました。ギャラリーはこじんまりとしていてカワイイのですが、英語の説明書きが長くて、雰囲気だけを味わいました。(やる気あるのかー!)

spice_6
Museum

spice_7
Gift shop

そしてカフェで休憩。ハーブティーにも魅かれたのですが、久しく飲んでいないコーヒーをポットで注文。茶葉系だけでなくコーヒーもポットがあるものなんですね!メニューではRM6と見えたのですが、RM5(約165円)でした。これを二人でシェア。ちょうどコーヒーカップ2杯分です。

海を眺めながら飲むコーヒーは、とても美味しかったです。カフェの店員さんも笑顔がステキでした☆でも蚊は多かった~ ^^;

spice_8
わかりずらいですが、背景は海です

spice_9
ブラックコ~ヒ~

トロピカル・スパイス・ガーデン、知識不足の私たちは「もう来ないかも…」でしたが、植物に興味のある方だったら楽しめそうなスポットでしたヨ!

興味のある方はHPをご参考ください。

spice_10
そこに咲いていた花
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。