スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sabah Museum

コタ・キナバル最終日、サバ州立博物館に行きました。

博物館まではホテルからタクシーで片道RM15(約450円)、入場料も1人RM15 です。5月1日~31日の期間、Sabah Fest 2010と称しサバ州各地でイベントが開催されるという情報を事前に入手していた私。何もなくても旅先では博物館を訪れたいのですが、5月3日~9日は博物館のHeritage VillageでCultural Experienceという催し物があるということで、スケジュールに組み込ませていただきました。

museum 1
タクシーの車窓から見た州立モスク(Sabah State Mosque)

museum 2
博物館の本館は写真撮影禁止でした

museum 3
Heritage Villageに渡る吊り橋
(ここを渡らなくても行けることにあとで気付く)

museum 4
Heritage Village

museum 6
実際に使用されていたロングハウスや伝統家屋などを移築、
展示しています

museum 5
手工芸品のデモンストレーション

museum 7
ホーロー皿!

museum 8
床(?)が抜けないか心配でした

museum 10
ドラと笑顔がステキなお兄さん

museum 11
楽器

museum 12
音楽に誘われて入ってみると

museum 13
伝統楽器クリンタンガンを演奏していました

その音色はこちらでどうぞ♪



museum 14
こちらの方々は何かに備えて休憩中?

朝晩はペナンより涼しく感じたコタ・キナバルですが、日中はやっぱり暑くてHeritage Villageに長時間は滞在できませんでした。それでもお土産物屋さんで見て気になっていた打楽器、クリンタンガンの演奏が聴けたので満足です♪

その後、街に戻り、ホテル近くのショッピングセンターCenter Pointに入っているダイソーにてショッピング。

museum 16
日本人の店員さんに
「ペナンにもぜひダイソーを!」
とアピールしておきました

museum 17
ランチはこちらのコーヒーショップで

museum 18
Kuching Laksaと

museum 19
Mee Udangにトライ

museum 20
Kuching Laksa カリーミーに近い味

museum 21
Mee Udang 濃厚~

何気なしに入ったお店でしたがどちらも美味しかったです。

ランチ後ちょっとプラプラしたり、お茶したりしてから空港へ。17:00発の飛行機でペナンに戻りました。

他にも見所いっぱいのボルネオ、また行けるといいな~!ね~!(夫へ)

コタ・キナバル報告、終わり。
スポンサーサイト

Dinner in Kota Kinabalu

コタ・キナバル観光2日目と3日目の夜ごはん報告です。

両日ともSeri Selera Kg. Air Seafood Villageの海鮮レストランで食べました。

dinner 1
Seri Selera シーフード屋台村

dinner 2
2日目のOld Village Seafood Restaurant

dinner 3
サンプル(?)があるので野菜選びも簡単

dinner 4
店内の様子

dinner 5
他のレストランも似たような感じ
何を基準に選んだらよいのか良くわかりません

dinner 6
お通しのピーナッツとパパイアの酢漬け(各RM2とられます)
パパイアの酢漬けはガリのような感じ?!

dinner 7
サバ野菜(Sayur Manis)のサンバル炒め RM12(約360円)
シャキシャキとした食感で美味しい~

dinner 8
シャコ RM45(約1350円)

dinner 9
ソフトシェルクラブ RM32(約960円)

dinner 10
日本食屋台で寿司にも挑戦(値段は忘れました)

dinner 11
3日目のHua Hing Seafood Restaurant

dinner 12
サバ野菜 今度はガーリック炒め RM12(約360円)

dinner 13
チャーハン RM7(210円) 味イマイチ?!

dinner 14
蒸し蟹 RM13.8(約400円)
卵入りって言ったのに、2杯しか卵入っていなかったけど・・・

dinner 15
蒸しガルーパ RM63(1890円)

チャーハンなど失敗もありましたが、どちらも総合的には美味しかったです。特にHua Hing Seafood Restaurantの店員さんは、お皿はすぐ取り替えてくれるし、写真は撮ってくれるし、とても気が利く方々でした。

3日目の夕食後、海沿いの屋台エリアに行ってみました。

dinner 17
ホテルから見えるこのエリアです

dinner 16
果物や野菜を売る屋台がたくさん

dinner 18
フレッシュなミックスベジタブル(?)も売っています

dinner 19
お魚コーナーや

dinner 20
お肉コーナーもあります

dinner 21
揚げバナナや

dinner 22
焼き魚、焼きイカなども売っています

dinner 23
飲食エリアもあります

旅行中の私たちは衛生的な不安から何も食べませんでしたが、とってもにぎわっていました。美味しい屋台があるのかもしれませんね?!

次回はコタ・キナバル報告、最終回です。

Pulau Mantanani

コタ・キナバル観光3日目、マンタナニ島へスノーケリングをしに行きました。

コタ・キナバルから30分程度で行けるトゥンク・アブドゥル・ラーマン公園の島々もキレイということだったのですが、せっかくなのでワンランク上の美しさ(?)を求めてマンタナニ島まで足を延ばすことにしました。利用した旅行会社はScuba Paradise Sdn. Bhd.です。

マンタナニ島行きのボートが出るジェティまでは市内から車で約2時間かかります。

mantanani 1
車窓から見たCity Mosque

mantanani 2
こんなところに?!というところにあったジェティ

mantanani 3
濁った水にちょっと不安を覚えたりして

mantanani 4
私たちが乗ったボート

ジェティから島までボートで約1時間、合計約3時間かけてマンタナニ島に到着。

mantanani 5
キレイなビーチでホッと一息!

mantanani 6
私たちが降り立ったビーチはPalm Beach

mantanani map

mantanani 7
風にたなびくマレーシア国旗

準備をして、荷物を置いて、すぐにスノーケリングポイントへボートに乗って行きました。

mantanani 8
小さいお魚いっぱい


でもクラゲもいっぱいでした!ラッキーなことに刺されませんでしたが、相当ドキドキしました。クラゲを避けるのに必死であまりお魚に集中出来ませんでした。クラゲの季節なのかしら?!

また、今回ボートに乗るのにライフジャケットを着て、脱ぐのを忘れてそのまま海へ。でもそれが正解でした。流れが思ったより強く、最初ライフジャケットなしで飛び込んだ夫はすぐバテていました。ライフジャケット着用でのスノーケリングってとっても楽ですね。(クラゲも避けやすいしね。)次回もそうしよう。

mantanani 9

mantanani 10

mantanani 11
珊瑚は地味?!

満足感を得られぬまま午前のスノーケリングを終え島に戻りランチ。丁度漁師さんがロブスターを獲って来たところで、夫が交渉してRM15(約450円)で売ってもらいました。

mantanani 12
まさに獲れたてのロブスター

mantanani 13
刺身でいただきました

mantanani 14
こちらはツアーに含まれているランチ

ランチ休憩の後は無人島Mantanani Kecil方面でスノーケリングの予定だったのですが、流れが強く無理だと船長さん(?)が判断したらしく、Mantanani Besarの周辺(島の反対側)でのスノーケリングになってしまいました。

mantanani 15

mantanani 16

mantanani 17

mantanani 18

mantanani 19

mantanani 21

mantanani 22

mantanani 23

mantanani 24

午前のポイントよりはキレイだったし、クラゲもちょっと少なかったです。クマノミにも遭遇出来たし、それなりに楽しめました。でもいろんな条件がもっと良ければ、もっとキレイだったんだろうな。やっぱりMaldivesは相当キレイだったんだな~。

Mantanani Kecilに行けなかったのがちょっと残念ではありましたが、ビーチはキレイだったし、フレッシュなロブスターも食べられたし、帰りの船はスリル満点だったし(酔い止め飲んでおいて良かった~)、シャワーも浴びずそのまま車に乗って帰ってくるっていうのもなかなかできない経験だし(そんなのアリ?!)、行って良かったです。

コタ・キナバル報告、まだちょっと続きます。

Kinabalu Park & Poring Hot Spring

コタ・キナバル観光2日目、キナバル公園とポーリン温泉を訪れる一日ツアーに参加しました。

キナバル公園に行きたかった理由は単純に世界遺産だから。正直ポーリン温泉には興味がなかったので、ゆっくりキナバル公園を散策するツアーを探していたのですが、問い合わせした旅行会社ではチャーターでのアレンジになってしまうとのこと。それだと予算オーバーな為、ポーリン温泉にも行くことにしました。

今回植物の説明もあるだろうと日本語ガイドのツアーに参加したのですが、予想外の大型バス!ゴールデンウィークですものね~。この時期の日本語ツアー参加は大型バスを覚悟しろ、という教訓を得ました。

kinabalu park 1
こちらのバスがほぼ満席

余談ですが、ボルネオ島は先住民族の比率が高く、先住民族にはキリスト教徒が多いらしく、教会の看板を多く見かけました。写真はバスの車窓から。

kinabalu park 2

kinabalu park 3

バスの車窓からはキナバル山も見えました。

kinabalu park 4

でも、ナバル村(ボルネオ先住民族カタザンドゥスン族の村)に到着し、展望ポイントに降り立ってみると・・・

kinabalu park 5
すっかり雲隠れ

kinabalu park 6
そこにいたワンコ

kinabalu park 7
村といってもお土産屋さんがメインです

その後キナバル公園本部へ移動。山岳植物園(Mountain Garden)に行き、様々な植物を観察しました。

kinabalu park 8
言われなければ気付かないほど小さなラン

kinabalu park 10
葉っぱに苔が生えています

kinabalu park 12
大きなウツボカズラ

kinabalu park 13
小さなラン

kinabalu park 15
こちらもとっても小さなSexy Lady Orchid
なぜセクシーなのか理解するのに時間がかかりました

kinabalu park 9

kinabalu park 11

kinabalu park 14
その他色々

kinabalu park 16
「仙園(Fairy Garden Resort)」でマレー風中華のランチ
写真はありませんが味はまぁまぁでした

kinabalu park 17
その周辺に咲いていた花

kinabalu park 18
ランチ後ポーリン温泉&キャノピー・ウォークへ

kinabalu park 19
地上41mの十冠に157mにわたってかけられた吊り橋
「信用ならぬ!」と急ぎ足で渡りました
景色を眺める余裕ナシ

kinabalu park 20
渡りきった後に遭遇したネッタイタマヤスデ
(大きさが伝わらないのが残念!)

kinabalu park 21
イグアナ?

kinabalu park 22
暑くて足湯をする気にもなれなかったポーリン温泉

kinabalu park 23
そこに咲いていたドリアンの花

kinabalu park 24
そこにいたアリ

kinabalu park 25
そこにいた猫

kinabalu park 26
帰路、雲が晴れたキナバル山

kinabalu park 27
その後途中すごい霧でした

予想通り、ポーリン温泉とキャノピー・ウォークは要らなかったな、という感じでした。吊り橋が好きな人には良いと思いますが、私たちは苦手だったので、当たり前ですが楽しめませんでした。ツアー参加人数が多いので色んなホテルを回るからそれだけでも時間がかかったし、やっぱり違った形で行けば良かったな~。大いに反省。でもキナバル山が見れて嬉しかったです。

次回はマンタナニ島報告です。

Klias River Cruise

ボルネオ島に行きたかった理由の一つは野生のテングザル!というわけで、テングザル・リバー・サファリに行ってきました。

ボルネオ固有種であるテングザルは、川沿いに生えているマングローブの葉を食べるため、夕方になると姿を現します。その為ツアーは午後発になります。ガイドさん曰く、「数が少ないことはあっても、見れなかった日はない」ということで期待は高まります。コタキナバルから南西に向かってバスに揺られて約2時間、クリアス川に到着。

river 1
Jettyに到着後アフタヌーンティーをいただきます

river 2
お菓子にはあまりそそられなかったため二人ともお茶だけ

river 3
ライフジャケットを着用していざ出陣!
(暑くて途中で脱ぎましたが)

river 4
ボートに乗って5分経過するかしないかでテングザルに遭遇!

river 5
雄アップ

river 6
こちらはお母さんと子供

river 7
子供の鼻はあまり特徴がないようです

river 8
途中チラッと虹が出現

river 9
日が暮れてくると

river 10
テングザルの数も増えてきました

river 11
でもボートに気づくと隠れちゃいます

river 12
もっとたくさんいないかな~

river 13
いました!

river 14
カワイイですね~

river 15
この木にはこんなにいっぱい!

river 16
オオトカゲもまったりな夕暮れ時

river 17
テングザルの皆さん、出てきてくれてアリガト~♪

このあとJettyに戻りバイキング形式の夕食を取りました。(味は悪くありませんが、多くを期待しない方が良いでしょう。)夕食後、真っ暗になってからは蛍クルーズです。天候により見られないこともあると予め言われていたのですが、木の中に満天の星空があるような、とってもキレイな光景を見ることができました。期待していなかっただけに感動が大きかったです。真っ暗な上ボートが揺れて写真が上手く撮れなかったので、イメージ画像を作成しました。

river 18
イメージ画像 Computer-processed Image

星もペナンよりキレイに見えました。テングザルも蛍も見れて満足、満足。オススメのツアーです。テングザルはいてもそれなりに遠いので、ツアーに参加する際は望遠レンズなり双眼鏡なりを持参することをお勧めします。

次回は2日目、キナバル公園報告です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。